風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

NHKドラマ「あなたに似た誰か」の感想


NHKオンデマンドでドラマを鑑賞しています。中には、民放とかわらないようなドラマもあるのですが、さすがに、中には秀逸な作品もあるのです。私は特選ライブラリーが見られる「特選見放題パック(972円)」に入っているのですが、これは非常にお値打ちだと満足いています。

何かと批判されがちなNHKですが、良質な作品を今もなお作っていることは確かです。

さて、今回このブログで取りあげるのは「あなたに似た誰か」という短編ドラマシリーズ。1話ずつ完結した話が3つ登場。30分と、最近では珍しい短編ドラマなのですが、これがなかなか見応えがあります。どこが良いかというと、その繊細なタッチで描かれた抒情性です。抒情詩と呼びたくなるほど、ナイーブな仕上がりになっています。

また、登場人物が少ないのですが、出演する俳優の良さが引き出されれていて、その点も素晴らしいと感じました。1回目の大杉漣はもともと演技派ですから驚かないのですが、2回目の中越典子の演技が非常に良く、彼女の女優としての魅力にはビックリしました。

BSプレミアム短編ドラマシリーズ「あなたに似た誰か」

ただ、3回目だけが極端に失敗しているのが気になりました。泉ピン子の演技はまともでしたが、宅間孝行の大根ぶりはひどすぎ、あとの役者たちもぎこちなく、ドラマになじんでいません。作品として不具合なまま放送してしまった感じを受けたのは残念です。これならば、2回で終わらせた方がマシでしたね。

いろんなドラマを見てきましたが、シリーズの最終回が極端に駄作化している例を他に知りません。3回目は「付け足し」を言われても仕方ないですね。このあたりに、NHKの「適当さ」が露見したとすれば、こうした亀裂から、ものづくりの良心が崩壊しかねないので、猛反省していただきたいですね。

ともあれ、1回目と2回目は見事でした。こういうドラマはNHKしか作れないと思うので、これからも、こうした短編ドラマをたくさん制作してもらいたいものです。

ドラマがあまりにも良いので、原作の小説を注文してしまいました。

コスモスの影にはいつも誰かが隠れている (河出文庫)

もう小説は買わないと心に決めていたのですが、ドラマの力は怖ろしいものですね。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ