風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

映画「黒い画集 ある遭難」は秀逸な山岳ミステリ。


映画「黒い画集 ある遭難」をアマゾンビデオで鑑賞しました。

原作は松本清張の小説「遭難」。映画「黒い画集 ある遭難」は、1961年6月17日に公開されました。

結論から言いますと、これは見る価値のある映画です。

「ある遭難」というタイトルを見た時、あまり見たいという気持ちが起きませんでした。しかし「黒い画集」シリーズの他の2作「黒い画集 あるサラリーマンの証言」「黒い画集 第二話 寒流」は、いずれも非常に面白かったので、「これもたぶん見応えあるだろう」と、鑑賞に至った次第です。

タイトルは地味ですが、最後までグイグイと引っ張られました。そして、ラストの衝撃……。

山岳ミステリとして、非常によくできている。犯行の動機は、やはり男と女のもつれ。

松本清張がしばしば犯罪の動機として描くテーマですが、登山している時に事件が起きるという設定と展開が絶妙でした。

山岳ミステリは、非常に新鮮であり、人間の心理描写も決して浅くはありません。それだけに、松本清張の小説を映画化した作品の中でも、優れた部類に入ると思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。