風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

文末の余計な言葉を省いて、簡潔な表現にする。


文末の表現において、もってまわった言い回しをしたり、無駄な言葉を加えたりして、読みづらくしてしまう場合があります。読者にまわりくだどいとか、あやふやな印象を与えてはマイナスとなりますので、できるかぎり、文末では余計な言葉は省いてください。

以下で、冗漫(冗長)な表現を、簡潔に書き直しみます。

「~しないようにする」⇒「~しない」

「~することは避ける」⇒「~しない」

「~するようにする」⇒「~する」

「必要であると言える」⇒「必要だ」

「~とすることにしたわけである」⇒「~とした」

「~と言えなくもない」⇒「~と言える」

「述べることにします」⇒「述べます」

「~したいと思います」⇒「~します」

いかがでしょうか? 文末は、よほど気を付けないと、無駄な言葉を入れてしまいがちなので、ご注意ください。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ