風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY日本の名作映画

三浦友和が主演した映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の感想

鉄道員を主人公にした映画で思い浮ぶのは、ピエトロ・ジェルミが監督・主演した「鉄道員」、高倉健が主演した「鉄道員(ぽっぽや)」です。 特に、ピエトロ・ジェルミの「鉄道員」は、映画史に残る傑作として有名。 それに比べ、映画「RAIL…

佐々木蔵之介が主演した映画「超高速!参勤交代」は理屈ぬきに楽しめる。

いろんな映画を見てきましたが、理屈ぬきに楽しめるエンターテイメントは、実はそれほど多くはありませんね。 楽しませようとするあまり、演出があざとかったり、ラストがひねり過ぎていて後味が悪かったりして、見終った時に「ああ、面白かった」とス…

映画「アフタースクール」は大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人などの完璧な芝居が見もの

内田けんじ監督の映画「アフタースクール」を数年ぶりに見直してみました。前回見た時には、面白く見られたけれども、ピンとくるものが弱く、それほど記憶に残らなかったのです。 しかし、今回の鑑賞で、ガツンと来ました。 内田けんじ監督の映…

映画「人間の証明」に角川映画のエッセンスが凝縮されていた。

今回数年ぶりに、映画「人間の証明」を見て、いろいろ感じるところが多かったので、そのことについて書いてみることにします。 映画「人間の証明」は、1977年公開されました。製作会社は角川春樹事務所。 この映画「人間の証明」を見ている…

映画「明日の記憶」では、渡辺謙と樋口可南子の演技力が際立っていました。

渡辺謙が主演している映画とドラマはすべて見ようと思っているのですが、うかつにもこの映画「明日の記憶」は未見でした。というか、かなり前に見ようとして途中で挫折していたのです。 今回は、挫折どころか、最後までのめり込んで鑑賞できました。 …

日本の名作映画の感想をまとめてみました。

邦画レビュー集。日本の名作映画に関する感想が増えてきましたので、この記事でまとめてみることにしました。ぜひ、お読みください。 映画「アフタースクール」は大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人などの完璧な芝居が見もの 映画「明日の記憶」では…

増村保造フィルモグラフィー

ユニークな映画監督として多くのファンを持つ、増村保造の監督作品を年代順に挙げておきます。ご参考まで。 リンクの貼ってあるタイトルは、当ブログがレビューしている作品です。 1)くちづけ(1957年7月23日) 2)青空娘(195…

増村保造監督の「刺青」は谷崎文学を映画化した作品の最高峰?

今回ご紹介するのは、増村保造監督の映画「刺青」。 文豪・谷崎潤一郎の傑作短編を映画化した作品である。 これを見て、増村監督の力量に感服した。 セリフ、構成、映像美、オリジナリティーなど、総合的に評価すると、それぞれレベルが…

岩井俊二 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の少女の描き方

岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という映画(テレビドラマ)を見た人は、意外に少ないのではないでしょうか。 1993年作。監督:岩井俊二 。出演:奥菜恵、山崎裕太、反田孝幸、小橋賢児など もともとは'9…

堺雅人と真中瞳が共演した映画「ココニイルコト」の感想

「ココニイルコト」という映画をご存じだろうか。以前はビデオレンタル店には置いてあったのだが、今はどうなろうか。 急激に増えている、インターネットの動画配信サービスでも、この「ココニイルコト」は見かけない。 今はかなり高い人気をキ…

さらに記事を表示する

アーカイブ