風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY日本の名作映画

三島有紀子監督の映画「しあわせのパン」を見た感想

「しあわせのパン」。三島有紀子監督の映画を初めて見ました。2012年という実に新しい映画なのですね。 まるで絵本を見ているような映画、というか、絵本を実写版で撮影した映画というふうに感じたのでした。 この映画、良いですよ。こうい…

君塚良一監督の映画「誰も守ってくれない」を見た感想

君塚良一監督の映画「誰も守ってくれない」の評価が非常に低いので、複雑な心境になっています。 特に「みんなのシネマレビュー」では、ぼろっかすに叩かれているのですね。 正直、ハリウッド映画はもちろん、邦画にもほとんど期待していないの…

映画「陽はまた昇る」の感想

映画「陽はまた昇る」は2002年に公開されました。監督は佐々部清、主演は西田敏行。詳細はこちらに「陽はまた昇る」。 VHSの開発に関わる実話がもとになっているので、興味深く鑑賞できました。 VHS(ブイエイチエス、Video H…

是枝裕和の映画「歩いても 歩いても」を見た感想

久しぶりに是枝裕和監督の映画をGoogle Playで見ました。Google Playですと実に簡単に映画が見られるので、最近、ハマっています。あの黒澤明の映画も見られるので、驚きました。 さて、今回鑑賞したのは「歩いても歩いても」で…

堺雅人が主演した映画「鍵泥棒のメソッド」の感想

「鍵泥棒のメソッド」という映画を、堺雅人が主演しているという理由だけで、DVDレンタルしてしまいました。かといって大して期待していたわけではないのですが、これがもう、ハンパないおもしろさで…… 鍵泥棒のメソッド [ 堺雅人 ] …

苦しい時に勇気づけられる映画、そのベスト1は?

喜劇王であるチャールズ・チャップリンが自伝を執筆中に、くじけそうになると、ベートーヴェンの交響曲を聴いて、自らを励ましていたそうです。 あのチャップリン自伝はおそろしく長いですからね。執筆のプロではないチャップリンが、あの自伝を書き上…

森淳一の映画「Laundry ランドリー」を見た感想

当ブログ「美しい言葉」で取り上げる映画は、どれもこれもかなり古いのですが、今日は少し新しめの作品です。 珍しく2002年という21世紀の映画です。 それは、森淳一監督の「Laundry ランドリー」。 これは悲しいお伽噺な…

増村保造の映画「闇を横切れ」を見た感想

ネットで低価格で流出していたので、増村保造監督の「闇を横切れ」。 闇を横切れ [ 川口浩 ] ラストまでノンストップ、観る者を飽きさせない演出は、さすがは増村監督だと思わせてくれます。 あまり話題にならない「闇を横切れ」も…

映画「FOUJITA」公開前、小栗康平監督のトークショーに行ってきました。

映画「FOUJITA」が公開前から話題になっているようですね。先日、友人と早稲田松竹で行われた小栗康平監督のトークショーに行ってきました。 立ち見となり、1時間ほど立って聞かされる羽目に。友人との付き合いで行ったのですが、もう2度と映…

山下耕作監督の映画「兄弟仁義」の完成度は半端ない。

どんなものかなぁと、不安と期待が入り混じった気持ちを抱きつつ、TBSオンデマンドで、映画「兄弟仁義」を見てみました。 この作品は、30歳くらいの時にビデオレンタル店で借りて見たのですが、ほとんど何も覚えていないのです。いわゆる任侠映画…

さらに記事を表示する

カテゴリー

アーカイブ