風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY間違えやすい日本語

「興味津々」の意味を正しく知れば「興味深々」「興味森々」と間違えなくなる。

書き間違いしやすい(間違えやすい)四字熟語はたくさんあるのですが、中でも「興味津々」を「興味深々」あるいは「興味森々」と間違えてしまうことが実に多いといわれています。 「私は初めて上京した時、目に映るものすべてに興味津々だった」という…

「木っ葉微塵」は間違いで「木っ端微塵」が正しい?

「間違えやすい日本語」シリーズ、行ってみましょう。 「私の夢はこっぱみじんに吹き飛んでしまった」という時の「こっぱみじん」を漢字で書くと「木っ端微塵」が正しいのです。 ところが、「木っ葉微塵」と書いてしまいがちなのは、たくさんの…

漢字の読み方テスト(か行)その1

誤読(読み間違い)しやすい漢字を集めてみました。その第2回目。 今回は「か行」の「漢字の読み方テスト」です。以下の語句を読んでください。 膾炙(   )乖離(   )瓦解(   ) 客死(   )曽て(   )狩人(   ) …

漢字の読み方テスト(あ行)。誤読しやすい日本語を集めてみました。

誤読(読み間違い)しやすい漢字を集めてみました。読み間違えやすい日本語を、あなた正しく読めますか? 今回は「あ行」の「漢字の読み方テスト」です。以下の語句を読んでください。 愛憎(    )生憎(    )誂える(    ) …

「雪辱を晴らす」「汚名を晴らす」は間違い。正しい日本語の表現は?

日本語には「誤りやすい慣用語句」がたくさんあります。中でも、「雪辱を晴らす」「汚名を晴らす」というふうに「晴らす」と組み合わせて使う慣用句を間違って使ってしまうことが多いのです。 ■雪辱を晴らす 「雪辱を晴らす」は間違いで、正しくは「雪…

「懐石料理」と「会席料理」の違いと正しい使い方

「懐石料理」と「会席料理」、あなたはこの2つの言葉をどのように理解し、またどのように使っていますか? 「懐石料理」と「会席料理」はともに日本語として存在すます。ただ、言葉の正しい意味がほとんど理解されずに使われていないのが現状なのです…

「施行」の正しい読み方は?

「施行」を「政策や法令などを実行すること」の意味で使う場合には、どのように読んでらいいのでしょうか? 正解は以下のとおりです。 「しこう」と読むのが正解。「せこう」と読む慣用もありますが、本来は「しこう」。 「施行」は「せこう」と…

「幕間」を「まくま」と読むのは間違い、正しい読み方は?

演劇(芝居)の一幕が終わり、次の幕が上がるまでの時間を「幕間」と言います。 さて、この「幕間」の正しい読み方は? 正解は「まくあい」。「まくま」と読むのは誤りです。 「間」という字は「ま」とふだん読みますから、間違えやすい…

「とんでもございません」は間違い? 正しい敬語に言い換える方法。

「とんでもない」という言葉を謙遜の気持ちを込めて丁寧に言ったつもりで「とんでもありません」とか「とんでもございません」と口にしてはいませんか? この「とんでもありません」「とんでもございません」は、そもそも日本語の用法として間違ってい…

「ぞっとしない」を「恐ろしくない」という意味に間違えていませんか。

「ぞっとしない」という言葉をどのように使っていますか? 「ぞっとしない」も、実に間違えやすい日本語の一つなのです。 「ぞっとしない」は慣用句で「おもしろくない、うれしくない、あまり感心しない、いい気持がしない」などの意味で使うのが正し…

さらに記事を表示する

アーカイブ