風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

CATEGORY新藤兼人

新藤兼人の映画「縮図」を見た感想

新藤兼人監督の映画について語ってゆこうと思っているのですが、新藤映画のアンソロジーDVDを購入し、それを見てご紹介することにしました。 昨日鑑賞したのが「縮図」です。 前回ご紹介したのが「原爆の子」でしたよね⇒新藤兼人の「原爆の…

新藤兼人の映画「薮の中の黒猫 」を見た感想

何十年も前の映画を見ていると、名画と呼ばれる作品でも、かなり古びてしまっている部分がアダになって、その作品が好きになれなくなってしまうこともあります。 今回ご紹介する新藤兼人監督の「藪の中の黒猫」は、1968年の映画ですが、今見ても、…

新藤兼人の映画「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」を見た感想

「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」という記録映画をご覧になったことがあるでしょうか。 これはインタビュー・ドキュメントという作りになっています。 映画制作スタッフや俳優さんたちの証言をタップリと聴くことができるので、 溝口健二…

新藤兼人の映画「第五福竜丸 」の感想

浜松に住んでいる頃、近くにツタヤの大型店がありました。そこで、新藤兼人監督の「第五福竜丸」を借りたことがあります。 黒澤明、小津安二郎、溝口健二という名匠と呼ばれる映画監督の作品は、かなり見てきたのですが、新藤兼人監督の映画は、あまり…

新藤兼人「母」は不思議な感じのする映画です。

新藤兼人が監督した映画作品は49本ありますが、先日鑑賞した「母」は、必ず観ておくべき作品だと感じました。 「観ておくべき」という意味は「面白い」とか「絶対感動する」ことを指しません。むしろ、多くの人は「母」という映画を最後までは見られ…

新藤兼人監督の映画は今後も見続けます。

2012年5月29日に、映画監督の新藤兼人氏が亡くなられました。当ブログ「美しい言葉.com」は「新藤兼人」というカテゴリを設けており、これから少しずつ、新藤監督の映画作品を紹介してゆこうと思っていたのです。 何か、新藤監督の映画につ…

新藤兼人の映画「狼」の感想

新藤兼人監督の映画を取り上げるのは2回目です。前回は「原爆の子」についてお伝えしました。 今回はDVD-BOX「新藤兼人アンソロジー(1) 」に収められた「狼」について語りたいと思います。 「狼」はアンソロジー1の中で、もっとも…

映画「原爆の子」の静けさ

久しぶりに日本の名作映画を見ようと思ったのですが、あれこれと迷った末に、新藤兼人監督の「原爆の子」を見ることにしました。 この「原爆の子」は、以前に一度鑑賞したのですが、強い感銘を受けたことだけは記憶しているのに、なぜか具体的なシーン…

アーカイブ