風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


文章の書き方ライティング入門講座。今回のテーマは「ドラマチックな語り方」です。

作家のアンドレ・ジードが、ショパンの音楽について、興味深い言葉を遺しています。

さっそく、ご紹介しましょう。

まず、言葉をはき、
これに意味を持たせ、
人の気を引いてみ、
これを誘惑し、
ついに、征服する。

いかがでしょうか?
何を感じられましたか?

ショパンというと、ノクターンとか、甘い調べを想い浮かべる人がおられるかと思いますが、中には、かなり激しい曲もあるのですね。

ジードは何を言おうとしているのでしょうか。

ショパンの音楽は、実にドラマチックであることを、ジードは強く主張しているのですが、それにしても、よくぞ、こんなふうに言葉で表現できたものです。

まず、言葉をはき、
これに意味を持たせ、
人の気を引いてみ、
これを誘惑し、
ついに、征服する。

こんなふうに、ドラマチックな音楽について、言葉で表現できること自体がすごいのですが、このジードの言葉から、
何かを連想された人がおられるのではないでしょうか?

そうです、「AIDMA(アイドマ)の法則」ですよね。

芸術家が生み出したドラマチックな世界は、神の啓示によって降臨したものであると思いがちですが、実は、基本的な法則にしたがって作られているという側面もあるのです。

AIDMA(アイドマ)の法則」をブロガーは、以下のように活用すべきです。

ブロガーは記事を、
読者の注意を引き(Attention)、
商品に興味を持たせ(Interest)、
欲求を刺激し(Desire)、
心情に訴えることで決断させ(Mind)、
その場で購入させてしまうように(Action)、
書くべきなのです。

ショパンの音楽は芸術ですが、その表現方法において、アイドマの法則と、共通点があることに気づきます。

人の心をとらえ、
強い影響力を与えるという行為には、
共通する「原理」「法則」のようなものが存在することは、
どうやら確かなようです。

優れたドラマは、必ず緻密に構成されています。

私たちブロガーは、ドラマチックに語ることで、読者の心をつかみ、プラスの影響を与えなかればなりません。

優れた音楽でも、映画でも、文章でも、そこに息づいている「ドラマの法則」を、感じとれるようになれば、いつか、ご自分の文章に活用できるようになるはずです。

ジードの言葉、あるいは、アイドマの法則をときどき思い出していただき、作品を鑑賞しながら、ドラマチック(人の心をゆさぶる)な表現手法を、意識してみるのも有益だと思います。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ