風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「文字数カウンター」で原稿の文字数を簡単に計測できる。


ブログの記事はスマホで読む人が増えているために、少な目に書くべきだという意見があります。

それは間違いではありません。しかし、多くの人にシェアされ、ソーシャルメディアボタンの数字が千を超えるような記事は、長い傾向があります。なぜかというと、読者の疑問や悩みを、1記事だけで解決しているからです。

したがって、スマホ時代の今でも、ブログ記事は短く書けば良いというものではないことは確かだと言えます。

長い間ブログを書いてきて、時代の変化も体で感じてきた私ですが、最近では、ブログの記事は改行や行空けスペースを除いた場合、3000字以内で収まっていれば良いと感じています。

人気記事は長い傾向があり、ブログ記事はできるかぎり短く書きましょう、とは言えないわけです。当ブログで最高のアクセス数を記録した記事も、かなり長いです。こちらを、お読みください⇒「させていただく」症候群と誤用の理由

ただ、一般的には、スペースを除いて、1500字ぐらいの記事を読むと、読者は満足してくれる傾向が強いとは言えるでしょう。

先ほど申し上げた「スマホの時代」を考慮するなら、1000字前後を目安にブログ記事を書けば、大きな失敗はないと思われます。

そこで、原稿の文字数を簡単に計測できるツールがありますので、ご紹介します。

これがその文字数カウンター

慣れないうちは、このツールで、文字数を測ると良いでしょう。3000字を超えるとか、500字に満たない記事は読者に喜ばれにくいので、気を付けてください。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ