風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


土井杏南ロンドン五輪代表候補に。

日本陸連は11日、大阪市内で理事会を開き、最終選考会となった日本選手権(8~10日)までの結果を踏まえ、ロンドン五輪代表を発表。土井杏南は、400メートルリレーの代表候補に。

7月に参加資格が確定するリレー種目の候補選手7人が発表され、埼玉栄高2年で16歳のホープ土井杏南は代表に決まれば戦後最年少となります。
【400メートルリレー】土井杏南(16=埼玉栄高)、高橋萌木子(23=富士通)、佐野夢加(27=都留文科大職)、市川華菜(21=中京大)
さてさて、陸上の日本選手権が面白かったですね。見どころ満載なんですが、中でも、思わず身を乗り出して見入ってしまったのが、女子100メートル決勝。

スタートの上手さで定評のある大本命の福島千里の楽勝かと思ったのですが、70メートルあたりまでは、何と16歳の高校生、土井杏南(どいあんな)がリードしてしまったのです。ラストで福島にかわされたものの見事2位に。

土井杏南のプロフィールをご紹介しましょう。引用元は「日刊スポーツ」さんです。

◆生まれ 1995年(平7)8月24日、埼玉県朝霞市。

◆陸上競技7年目 小学5年から「新座陸協」で陸上を始め、朝霞一中では全国中学体育大会で100メートル2連覇した。

◆先輩超え 中2で11秒89の中学新記録をマークし、翌年に11秒61まで伸ばした。今年2月には女子60メートルで7秒40の当時日本タイ記録。4月の織田記念では11秒50で、埼玉栄の先輩でもある高橋萌木子(富士通)が06年につくった高校新記録を塗り替えた。5月には日本歴代7位の11秒43でジュニア(20歳以下)日本新記録も樹立した。

それにしても、土井の走りは爽やかでしたね。もしも、福島に勝っていたら…と想像するだけで、ドキドキします。これからさらに成長して、福島にも良い刺激を与えてもらいたいですね。

福島をあと一歩のところまで追いつめた土井でしたが、彼女自身のコメントは極めて冷静です。以下は「スポーツナビ」からの引用です。

「ホッとしているんですけど、目標としていた標準記録が切れなかったのはまだまだかなと思います。自分のレーンだけ見て、自分の走りをしようと思っていたので、その結果が2位ということで、今はこれくらいなんだなと。(福島の存在は)あまり感じていなくて、自分のレーンだけを見て走りました。

スタートから加速がつくようになって、この1年トレーニングを積んで一回りアベレージを上げられたかなと思います。日本選手権が自分の次のステージになると思うので、これからステップアップして頑張りたいです。

リレーに関しても個人の走力をもっと上げないと意味がないので、頑張りたいと思います。自分の走りをもっと追究して、上を目指します」

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ