風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


文章表現力が豊かになるには、どんな本を読めばいいですか、と質問される時があります。今回は15分~30分くらいの空いた時間を利用して読み進んでゆける本をご紹介。忙しい人、時間がない人に特にオススメです。辞典、詩、コラム、エッセイ、小説など、多彩なジャンルから厳選。

無著成恭「無着成恭の詩の授業」

このページでご紹介している本の中で、どれか一冊だけを選ぶとしたら、ちゅうちょなく、この「無著成恭の詩の授業」を推薦いたします。

無著成恭が子供たちに詩の講義をするという設定ですが、子供たちの発言にきっと衝撃を受けることでしょう。無著成恭は「詩を教えることで、子供が人間であることを教えたい」と言っていますが、実は逆です。読者は子供たちの声を聴くことで、詩の素晴らしさ、言葉の豊かさ、さらには、人間であることの歓びを味わうことができるという稀有な書物が、この「無著成恭の詩の授業」。

これほど型破りで、これほど正攻法な詩の本を私は知りません。⇒無着成恭の詩の授業

心の琴線にふれる言葉―声に出して読みたい日本語5

表現力を養うためには、優れた言葉の組み合わせをかなえた、いわゆる名文を繰り返し読むことが大事です。この本は短い名文が厳選されているので、初心者の方でも、すんなりと名文の扉を開くことができます。⇒心の琴線にふれる言葉―声に出して読みたい日本語5

詳しくはこちらでレビューしています⇒声に出して読みたい日本語

荻昌弘「映画批評真剣勝負 ぼくが映画に夢中になった日々《作品鑑賞篇》」

映画評論なのに泣けます。映画評論なのに酔いしれてしまいます。日本語とは、これほど美しいものだったのか、と仰天してしまう名文の宝庫。⇒映画批評真剣勝負 ぼくが映画に夢中になった日々《作品鑑賞篇》 SCREEN新書

詳しくは、こちらで書きましたのでごらんください⇒酔いしれて、泣きぬれて。美しい日本語に浸れる電子書籍に出逢いました。

美しい日本語の辞典」小学館辞典編集部編

調べる辞典というより、読んで味わう本です。本の帯には「美しい日本語、味わい深い日本語、懐かしい日本語、日本人としてわすれてはいけないことばを再確認するための辞典」とあります。この広告文案に偽りはありません。「後世に残したい日本語」「自然を友として」「擬音語・擬態語」の三部構成となっています。⇒美しい日本語の辞典

道行めぐ 一校舎国語研究会「きれいを磨く 美しい日本語帳

「きれいな言葉」「美しい日本語」を紹介するだけでなく、詩とのコラボレーションにより、きれいな日本語空間に招き入れてくれます。きれいな日本語、美しい言葉を愛する女性へのギフトです。⇒きれいを磨く美しい日本語帳

遠野物語―付・遠野物語拾遺

「言葉の力」に、思わずのけぞることでしょう。「遠野物語」を読んでいると、体の中からザワザワと何やらが騒ぎだす。強い風が体を吹き抜けてゆくのを感じる。これが、言葉の本当の凄さなのかもしれません。近代・現代文学が置き忘れた神的かつ暴力的なエネルギー。「遠野物語」の言葉力こそ、語り継がれるべきだと思うのです。⇒遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

エレンディラ

「遠野物語」に負けない、不思議な言葉力が感じられるのが、G.ガルシア=マルケスの「エレンディラ」。常軌を逸した美しい物語空間をめまいを覚える。と同時に、言葉の持つ抗しがたい「浮力」にたじろぎました。読んでいるうちに本当に体が浮いている感覚におちいり、その妙な感じは、何週間も続いたのです。「百年の孤独」以上に奔放な魔術的リアリズムに溺れることができます。ここまでくると、もう、翻訳であることも忘れてしまうのでした。言葉の虜(とりこ)になりたい人は、ぜひお読みください。⇒エレンディラ (ちくま文庫)

東山魁夷「泉に聴く」

その清冽な文章を読むと魂まで洗い浄められてしまう。これほど美しい散文を書ける日本人がいることが奇跡だと感じるほどです。川端康成について語った「星離れ行き」、「風景開眼」は歴史に残る名文。⇒泉に聴く (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

文藝春秋編「教科書でおぼえた名詩

教科書1500冊以上から250篇の詩歌を厳選。高村光太郎から茨木のり子まで。その他、俳句、和歌、漢詩、翻訳詩までを収録。いつ読み返しても、新たな気づきが得られるのが、名詩の豊かさだと言えそうです。ハッとするような視点、予想さえできない感じ方、変幻自在な言葉の乱舞に、過去への郷愁よりも、ひとつ先の未来が見えてくるから不思議です。巻末には作者索引、題名作品の他に、作者も題名もわからない場合に便利な「うろおぼえ索引」もあります。⇒教科書でおぼえた名詩 (文春文庫PLUS)

茨木のり子詩のこころを読む

短い作品でありながら、意外な言葉の躍動、思いがけない発見、言葉の底力を感じとれるのが、詩です。しかし、詩など学生時代に読んだきりで、詩集など開いたこともないという人もおられるでしょう。そんな人にオススメしたいのが、この詩の入門書です。学生さん向けに書かれているので、わかりやすく、しかも、侮り難い奥深さも味わうことができます。1日数分間、1篇づつ読むだけでも、言葉に対する感覚、物事を見る角度などに大きな変化があらわれることでしょう。⇒詩のこころを読む (岩波ジュニア新書)

深代惇郎天声人語

短い時間で読めて、しかも、文章修業に役立つのが、優れたコラムです。天声人語は800字の美学という言葉が想い浮かぶほど、磨きあげられた言語空間を表出しています。天声人語は朝日新聞の中で最も筆力のある記者が担当するといわれているのですが、古い天声人語の歴史の中で、最高峰を築いたのが、深代惇郎です。「不世出の名コラムニスト」と呼ばれる深代惇郎の天声人語には人間への深い人間愛が息づいており、時に涙さえ誘います。発売当時、爆発的に売れたので、絶版となった今でも古本で、簡単に入手可能です。⇒深代惇郎の天声人語 (1976年)

小林秀雄考えるヒント

「考えるヒント」に収録されているエッセイは、どれも短く、一気に読めてしまいます。短いにもかかわらず、読後に深くて心地よい疲労感を覚えるのが特長。小林秀雄の評論は難解だと言われますが、頭で意味を理解しようとするからです。小林が語る核心を感じとれれば、読書は悦楽となります。直感的思考の達人である小林秀雄の言葉は鍛えぬかれたアスリートの筋肉美を想わせる。理解する読書ではなく、感じる読書の陶酔に似た快感を、味わってください。⇒考えるヒント (文春文庫)

吉野せい洟をたらした神

70歳をすぎてから筆をとった、農婦の随筆。串田孫一は「洟をたらした神」を「刃毀(はこぼ)れなどどこにもない斧で、一度ですぱっと木を割ったような、狂いのない切れ味」と評したそうです。頭でこねくりまわしたり、造花のような装飾をしたりする文章とは真逆の言葉宇宙。シンプルな記述の中に、生命感あふれる言葉たちの躍動を体感できます。⇒洟をたらした神 (文春文庫 (341‐1))

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ