風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

誤用に注意。「ご利用される」「ご契約される」「ご出席される」は敬語の使い方として間違い。

「お~される」「ご~される」も日本語の使い方として正しくありません。明らかな誤用なので、気を付けましょう。

「ご出席される」「ご利用される」「ご契約される」などが、誤用のよくある例。こうした間違いをおかしている人が実に多いのです。

「ご出席される」は、二重敬語ではありません。その理由は以下のとおり。

二重敬語とは、同じ種類の敬語が重ねて使っていることであり、具体的には「尊敬語+尊敬語」、または「謙譲語+謙譲語」という構造になっている場合を指します。

例えば「ご出席される」が誤用とされるのは、「お(ご)~する」は謙譲語の型であるため、そこに尊敬語「れる」を付けても、正しい尊敬表現にはならないから。

「謙譲語+尊敬語」の構造なので、二重敬語ではありませんが、敬語の使い方として間違っているのです。

「ご出席される」「ご利用される」「ご契約される」を、正しい敬語に変換してみましょう。

×ご出席される  ○出席される ○出席なさる ○ご出席になる

×ご利用される  ○利用される ○利用なさる ○ご利用になる

×ご契約される  ○契約される ○契約なさる ○ご契約になる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ