風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

若者言葉トップ3は「ハンパない」「真逆」「まったりする」


2011年度「文化庁 国語に関する世論調査」の結果で興味深いのは「最近多く耳にする言葉の使われ方」です。

最近よく耳にする言葉で、代表的なのが「ハンパない」「真逆」「「まったりする」の3つ。

それらの言葉をよく使っているのは、10代~20代の若者たちで、60代以上は10%にも届きません。

では、言葉ごとに詳しくを見てみましょう。

「ハンパない」を実用日本語表現辞典は以下のように説明しています。

半端ない

読み方:はんぱない
別表記:ハンパない

ものすごい、すごい、などの意味で使われる俗語表現。半端ではない、半端じゃない。

「ハンパない」を16~19歳が68%も使っているのに対し、60歳以上は7%に過ぎませんでした。

20代は47%、30代は35%、40代は23%、50代は13%と、年齢が高くなるにつれて使う人の割合は低くなっています。

「真逆(まぎゃく)」について、実用日本語表現辞典は以下のように説明しています。

真逆

読み方:まぎゃく

正反対の、180度反対の、などという意味の俗語、または口語表現。

「真逆」を16~19歳が63%も使っているのに対し、60歳以上は7%に過ぎませんでした。

 「まったりする」を「ゆっくりする」という意味で使うのは、20代が67%に対し、60歳以上は6%にとどまりました。

私は若者世代ではありませんが、「ハンパない」「真逆」「まったりする」の3つはしばしば使っています。マスコミの影響を受けやすい人間だからでしょうか。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ