風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

本を何冊捨てられるか。本と人生の断捨離。


先日、ブックオフに古本を持ち込み、また大量の本を捨てているのですが、大型の本棚が3つ、まだ本で詰まったままです。ようやく、本棚に収まりきれない書籍が整理されてきたにすぎません。

近所に、新聞や雑誌などを捨てて良い施設があるので、そこに持ち込んでいます。ただ、しばる時のひもは紙でなければならないという規則があり、紙ですと切れやすいので、苦戦しています(汗)。

しかし、よくもまあ、これだけの本を買ったものです。東京に引っ越すことを検討中なので、一冊でも多く、処分したいわけなのですが、なかなか踏ん切りがつきません。

もともと、読みたいから買ったのであり、そういう本は、捨てるに忍び難いのは当然でしょう。

でも、この機会に、思い切って、捨てなければならない、そういう内なる声も強いのです。

余計な本を捨てことは、生き方を定めることである、と考えるようになりました。

もう余計なことをしている時間は残されていない、そういう思いが強いのですね。

だから、本だけでなく、無駄なものは捨て、ぜい肉を落とすように、動きやすい状態になりたいのでしょう。

身体の断捨離ということで、ダイエットにも打ち込んでいますが、すでに8キロ落としたにもかかわらず、まだ体が軽くなったという実感はありません。

本だけでなく、写真、ビデオ、書類なども、この際、限界まで、捨てたいと思っているのですが、果たして、どこまで実行できるでしょうか。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ