風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


今日のテーマは、良い発想の条件です。

文章のテクニックは学べば身につきます。自分の意志では何ともならないのが、アイデア、即ち、発想です。

良いアイデアが生まれる場所は、なぜか決まっているから不思議。

古い言葉に「三上」があります。

三上

1)鞍上(馬の上、現代ならば車中)

2)厠(し)上(トイレの中)

3)枕上(ベッドの中)

まあ、上のほかにも、散歩している時とか、ジムでストレッチしている時とかに、ふと、グッドアイデアが浮かんだりしますよね。

どうやら、良いアイデアが浮かぶ条件としては、以下の二つが大事みたいです。

●孤独であること。

●一定のゆるやかな運動のリズムが身体に伝わっていること。

つまり、発想を生み出すのは、かなり肉体的な要素が強いわけですね。

具体的なエピソードをご紹介しましょう。

ノーベル物理学賞を受賞された湯川秀樹博士の中間子の理論は、室戸台風の朝、ベッドの中で生まれたという話は有名です。

また、松本清張の初期の名作の多くは、自宅から朝日新聞に通勤する、ラッシュの電車の中で構想されたとのこと。

いかがでしょうか。偉大なる発想も、以外と平凡な環境から生まれていますよね。

文章が書けないと悩む人の話を聞いてみますと、文章力に問題があるのではなくて、発想力が弱い、というか、発想することに慣れていないためである場合が多いのです。

良いアイデアが浮かびやすい環境をつくることも、大切にしてみてください。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ