風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

二重敬語に注意。「いらっしゃられる」「おっしゃられる」「召し上がられる」は間違い。

自分の上司が会社にいる時に「部長は今、会社にいらっしゃられる」と言ったら「いらっしゃられる」は二重敬語(過剰敬語)と呼ばれ、敬語の使い方として間違っているのです。

「いらっしゃられる」を分析してみましょう。

「いらっしゃる」と「れる」の二つの後からできています。

このうち「いらっしゃる」は、「居る」「行く」「来る」という動詞の尊敬語

「れる」はさまざまな動詞の下について、尊敬の気持ちをあらわす、尊敬の助動詞です。前にくる動詞によって「れる」と「られる」が使い分けられますが、働きは同じ。

以上のことから「いらっしゃられる」には二つの尊敬語が使われていることがわかります。

このような二重敬語(過剰敬語)は、敬語として間違いであり、対象に対する敬意が自然に伝わりませんので、気を付けましょう。

尊敬語を増やせば、その分、敬意が増すわけではないのですね。

ですから、「いらっしゃられる」は「いらっしゃる」に直さなければなりません。

同様の二重敬語には「おっしゃられる」がある。これは「お話しになる」か「おっしゃる」というふうに修正すべきです。

また「召し上がられる」も二重敬語で「召し上がる」「食べられる」「お食べになる」などに訂正してください。

ちょっとこの言い方はくどいかな、と感じたら要注意。すっきりとした言いまわしに変更した方が良いかもしれませんよ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ