風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「一生懸命」は間違いで「一所懸命」が正しい?


次のことは、予備校の先生に教えていただいたのですが、全力で頑張ることを「一生懸命(いっしょうけんめい)」と言いますが、実は「一所懸命(いっしょけんめい)」が正しいとおっしゃるのです。

辞書を調べますと「一生懸命」は「一所懸命」から出た言葉とありますが、「一生懸命」は誤用だとは書かれておりません。

「一所懸命」は、中世の武士が先祖伝来の所領を命懸けで守ったことに由来し、切羽詰まった状態にも使われました。

これはもう、「一生懸命」が一般的であって、ひたすら努力する様を「一所懸命」と言う人は少ないでしょう。私はある時期まで「一所懸命」と書いていましたが、今では「一生懸命」と書くようになっています。

ただ、「一生懸命」の語源は、武士が命がけで任務を遂行したことからくるので、少し頑張るくらいのことを軽々しく「一生懸命」などとは表現しない方が良いと、最近になって感じるようになりました。

大げさな表現、オーバーな言いまわしは、日本語を下品にしてしまいます。

「一生懸命」というかわりに、「ひたむきに」とか「 高い集中力で」とかいう等身大の言葉を使った方が、たいていの場合は文章の流れもスムーズになるのではないでしょうか

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ