風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

一文は60字以内にまとめる。


今回の話題は文章ではなく、文のことです。文章は文の集まりでできています。ですから、文章は、いくつかの文で自分の意見などを述べたものを指すのです。

一つの文が長すぎますと、何が書いてあるか非常にわかりにくいので、気をつけてください。当然、文章としても、極めて稚拙で、読者に可負担を強いる最悪のものとなるのです。

一般的には、一文の長さは、60字以内にするべきだと言われています。

例えば、以下のような文章はいかがでしょうか。

ブログの記事は、読者に強い印象を与え、長く記憶させる力を持つべきだと思うのですが、そのことを、風花式で言い換えるならば「言葉は一本の矢であるべきである」となるのですが、言葉の連なりが文章になり、ブログの記事となり、読者に一度読まれたら、泡のように消えてしまうのでは空しいし、また、読まれても、読者の心を揺さぶることもできず、一瞬のうちに忘れさられてしまう記事は、不幸だと言えますから、風花としては、記事は一本の矢となり、読者のハートに突き刺さるくらいの鋭さと強さを持つべきだと主張したいのです。

非常に、わかりにくいですよね。では、一文を短くして、書き直してみます。

ブログの記事は、読者に強い印象を与え、長く記憶させる力を持つべきです。

そのことを、風花式で言い換えるならば「言葉は一本の矢であるべきである」となります。

言葉の連なりが文章になり、ブログの記事となり、読者に一度読まれたら、泡のように消えてしまうのでは空しい。

また、読まれても、読者の心を揺さぶることもできず、一瞬のうちに忘れさられてしまう記事は、不幸だと言えます。

ですから、風花としては、記事は一本の矢となり、読者のハートに突き刺さるくらいの鋭さと強さを持つべきだと主張したいのです。

どうでしょうか。かなり、理解しやすくなったでしょう。

長い文を書かないようにする、つまり、文を短くするには、以下のポイントを押さえてください。

長い文を書かないようにする方法

1)文は早めに句点「。」を打つ習慣つける。

2)一文が長くなりすぎたら、迷うことなく、文を分割する(文の数を増やす)。

3)「~が、~が」で、文を続けない。

4)分けた文と文は、文意が通りやすくなるように、必要に応じて接続詞でつなぐ。

5)ブログの文は1~2行で改行し、1行空ける習慣をつける。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ