風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

ドラマ「愛し君へ」で菅野美穂が朗読した詩「雨にも負けて」の切なさ

「愛し君へ」。これは映画ではなく、テレビドラマ。主演は菅野美穂藤木直人。共演は、伊東美咲、玉木宏など。2004年4月19日から6月28日まで、フジテレビ系の「月9」枠で放送された。

映画「解夏(げげ)」と同じ原作のドラマ化だが、映画よりも遥かに完成度が高い。「解夏」は、2002年に刊行されたさだまさし著の短編小説集。

「愛し君へ」(あらすじ一部)
新米小児科医として元気いっぱいに生きる主人公、友川四季(菅野美穂)。しかし、四季が恋に落ちた男、安曇俊介(藤木直人)は、自らの視力をやがて失う運命にあった……。

かなり前に、たまたま再放送で、チラッと見て、はまってしまった。

このドラマのキーワードは「繊細さ」だろうか。

日本人ならではの柔らかで壊れやすい叙情性が描かれている。もちろん、それを担うのは、ヒロインの菅野美穂であることは言うまでもない。

主人公の「四季」という名前も良かった。前半のシナリオは見事としか言いようがない。ヒロインが口ずさむが効いていて、いいなあと素直に感じた。

例えば、第5話に出てくる、以下の詩。

雨にも負けて 風にも負けて 人生に負けて
背中を丸めて去っていく人を 誰かが笑う
一生に一度 誰からも褒められることのないまま
咲いて枯れた花を 誰かが笑う
その人の夢も あまたある星の輝きには負けると
その人の人生も 過ぎ行く時の流れには負けると
誰が 笑えるのだろう?

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」のパロディだとはわかっていても、菅野美穂の呆(ほう)けたような朗読が、切なく、やるせなく、録画を戻して、繰り返し聴いた。

シナリオは「同・級・生」「東京ラブストーリー」「それでも、生きてゆく」「最高の離婚」などを代表作とするの坂元裕二が担当。

だということは、この「雨にも負けて」という詩は坂元裕二が書いたのだろうか。

演出も緊密で隙がなかった。

ところが、後半にはいって、ガタがきた。ありがちな辻褄あわせやご都合主義が頻発した。

それもあって、なかなか最後まで見られなかったのかもしれない。

しかし、ラスト近くでは、また盛り上がり、また完成度を高めていた。

全部で11話だが、長いので、どうしても、全部が最高とはゆかないだろう。

純愛ブームに乗ったツクリだとはわかっているが、ていねいな気配りが、ところどころに息づいていて、まだドラマもいいかも、と思わせてくれた。

映画の「解夏」は最後まで見れないほど、稚拙な出来だったので、余計に関心させられた。映画ファンの方には申し訳ないが……。

主演の男優、女優とも、生涯の代表作となるに違いない、そんな気がする。

ヒロインの少し病んだ感じの演技は、印象に残った。元気女子より、暗い役の方が菅野美穂は合っている気がする。

やりすぎ、つくりすぎのハリウッド映画を見るよりは、ずっとこちらのほうがオススメである。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ