風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

映画「怒りの葡萄」にジョン・フォード監督の映像美学を見た。


映画「怒りの葡萄」に関しては、あまり知識がないので、以下、ウィキペディアから引用します。

『怒りの葡萄』(いかりのぶどう、The Grapes of Wrath)は、1940年に制作されたアメリカ映画。モノクロ。1939年に発表されたジョン・スタインベックの同名小説の映画化。
同年の第13回アカデミー賞ではジョン・フォードが監督賞を、ジェーン・ダーウェルが助演女優賞を受賞、他に5部門がノミネートされた。

怒りの葡萄【Blu-ray】 [ ヘンリー・フォンダ ]

多くの賞を受けた華々しい作品かと思ってみると、落胆するかもしれません。

ジョン・フォード監督の映画というと「駅馬車」が代表するように、豪快なアクションが見どころだと言えます。

しかし、「怒りの葡萄」には、そうしたエンターテインメント性は薄く、地味に社会問題や家族愛を描出しているのです。

では、凡作かというと、決して、そうではありません。展開に派手なところはありませんが、ときおり、そのカメラアングル、モノクロームの映像美に、ハッとすることがあります。

特に、濃いブラックの使い方が印象に残りました。黒い部分が多い映像は、社会の闇を描いているからでしょうか。

ヘンリー・フォンダの凛とした存在感も、この作品の大きな魅力のひとつになっています。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ