風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

漢字の読み方テスト(か行)その1

誤読読み間違い)しやすい漢字を集めてみました。その第2回目。

今回は「か行」の「漢字の読み方テスト」です。以下の語句を読んでください。

膾炙(   )乖離(   )瓦解(   )

客死(   )曽て(   )狩人(   )

諫言(   )換算(   )完遂(   )

既存(   )狭隘(   )矩形(   )

いかがでしょうか? 私も、けっこう間違えました(汗)。こんな漢字、日常では使わないだろう、と感じた言葉も、一般教養として知っておきましょう。

では、以下、正解(正しい漢字の読み方)と語句の意味をご紹介。

膾炙(かいしゃ)その良さが広く知られること。膾はなます、炙はあぶり肉で、誰の口にもおいしいことから転じた言葉。

乖離(かいり)そむき離れること。

瓦解(がかい)一枚の瓦が落ち、屋根全体が崩れるように、組織が壊れることを指す。

客死(かくし・きゃくし)旅先や外国で死ぬこと。

曽て(かつて)「かって」は間違い。「以前、昔」のやや改まった言い方。

狩人(かりゅうど)鳥獣の捕獲を仕事にする人を指す。

諫言(かんげん)いさめる言葉。

換算(かんさん)別の単位の数量に数えなおすこと。

完遂(完遂)「かんつい」は間違い。完全に成し遂げること。

既存(きそん)以前から存在すること。

狭隘(きょうあい)面積や度量などが狭いこと。

矩形(くけい)すべての角が直角であること。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。