風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

ホ・ジノ監督の映画「きみに微笑む雨」を見た感想


前回に続き、ホ・ジノ監督作品を取り上げます。

きみに微笑む雨」。

今回は、ホ・ジノの精髄に、どっぷりと浸ることができました。

「きみに微笑む雨」
2009年11月14日公開。中国&韓国合作。
監督は「八月のクリスマス」「四月の雪」のホ・ジノ。
主演は「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン。
相手役の女優は「プロジェクトBB」のカオ・ユアンユアン。
内容:アメリカ留学中に知り合った韓国人のドンハと中国人のメイは、四川省の成都で10年ぶりに再会する。かつて互いに恋心を抱いていたふたりは、当時の淡い感情を取り戻していくが…。 (引用元:「キネマ旬報社」データベース)

ホ・ジノにかかると、光も、風も、雨も、人のため息さえも、詩に変えられてしまう。

本当にこれほどデリケートに、自然とか、動物とか、人間とか、植物とかに反応する感性は……この監督ならではのものですね。

というか、こういう感覚は誰にでもあるのだけれど、それを映画という形式で、表現できる人が稀有なだけなのでしょうね。

ホ・ジノは、実に雨の描き方が卓抜なのですが、今回も、雨が、とても繊細に活用されています。それと、風が、絶妙のタイミングで強調されていて、思わず息をのんでしまったほどです。

陽光の使い方も、こだわっていますね。それらの自然のゆらめきが、登場人物の心理の揺れと共振していて、観る者の心を波立たせます。

この映画もまた、ホ・ジノ監督らしく、恋愛映画を超えた愛のドラマです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ