風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「きもいり」は「肝煎り」と書くのが正しくて「肝入り」は間違い。

「会社の上司の肝煎りで2人はついに結婚することになった」

このように「肝煎り」とは、人の間に入っていろいろと世話をしたりして、間をまとめるために骨を折ること、あるいは人を指す言葉。

肝入り」と書いてしまう人が多いのですが、これは間違いで、正しくは「肝煎り」と書くのです。

このような間違いを犯すことを防ぐためには、一歩踏み込んで、言葉の意味を理解する必要があります。

「肝」は精神の宿るところを指す言葉であることを、まず知っておきましょう。

そのため、「肝に銘じる」「肝をつぶす」「肝をひやす」「肝がすわる」などの言いまわしがあるのです。

「肝」を「煎る」は、「心をこがす」の意。それが転じて「心を悩ます」「心遣いをする」あるいは「世話をする」という意味に。

この「肝を煎る」を名詞化したのが「肝煎り」なのです。

このことを理解すれば、今後は「肝入り」と間違えてしまう失敗はしないでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。