風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

堺雅人と真中瞳が共演した映画「ココニイルコト」の感想


ココニイルコト」という映画をご存じだろうか。以前はビデオレンタル店には置いてあったのだが、今はどうなろうか。

急激に増えている、インターネットの動画配信サービスでも、この「ココニイルコト」は見かけない。

今はかなり高い人気をキープしている堺雅人が、まだほとんど無名だった頃の作品だ。主演女優も、この映画がデビュー作という真中瞳というレアさがたまらない。

2001年公開。監督は長澤雅彦

傷心のOLが、奇妙なとぼけた味の青年と出逢い、次第に再生していく様を、ほんわかとした雰囲気で描いた、ちょっとユニークな恋愛映画。

こういう映画で、ひと息つくのもいいかもしれない。

何か飛びぬけたものとかはないけども、まったりと進んでゆくストーリーも、なかなか味がある。

全体に静かで、間が少しズレていて、ホッとできる。

素人っぽいヒロイン(真中瞳)も好演しているし、相手役の関西弁の男(堺雅人)もいい。

売らなければいけない、賞を獲らなければとかいう気負いのない、B級に徹した作り方は、好感が持てた。

この映画「ココニイルコト」を見て、純愛ブームとか、流行とか、最先端を走らない、走るつもりもない世界にも、間違いなく存在意義があるという当たり前のことを再認識できた。

いやいや、理屈ぬきに、リラックスして、まったりとした時間が楽しめばいいのだろう。

とにかく、気分を楽にさせてくれる、見ていると肩の力が自然とぬける貴重な映画だ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。