風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

映画「この子を残して」の感想


この子を残して」という映画を見た人は、どれくらいおられるでしょうか。かなり少ないと想像されます。私も今回が初めての鑑賞でした。この映画を見るようにすすめる人があまりにも少ないからでしょうか。

「この子を残して」は、1983年に公開されました。1845年8月9日11時2分に長崎に投下された原子爆弾の問題をあつかった、いわゆる反戦映画です。

「この子を残して」の原作は、永井隆氏が書いた随筆。⇒この子を残して [ 永井隆 ]

永井隆氏とその著書「この子を残して」については、ウィキペディアでわかりやすく説明されていますので、以下、引用いたします。

1948年4月30日脱稿。同年、講談社より出版されベストセラーとなった。初版本は絶版となっていたが、戦後60年となる2005年8月に復刻版(発行:秋津書舎 発売:七つ森書館)が出版された。
永井隆は、旧制長崎医科大学(現在の長崎大学医学部)で放射線医学担当の助教授・医局員となり、第二次世界大戦が始まる前から放射線に被曝し、1945年6月には白血病と診断されていた。さらに、1945年8月9日11時2分、原爆によって被爆し、妻を亡くす。この著書は、自分の子供を残して死んでゆく悔しさと、自分の専門にかかわる病気と戦争で死ぬ悔しさを訴えたものである。

さて、今回鑑賞した映画「この子を残して」ですが、監督は木下恵介。脚本は山田太一と木下恵介が担当しています。

【映画】この子を残して 【DVD】

映画の完成度などについては、あえて語ることを控えたいと思います。日本人として、長崎の原爆が投下されたこと、投下された長崎にどんなことが起きたのかを知らなければならないので、そういう意味で「この子を残して」は絶対に見るべきだとは強く主張したいのです。

日本の現代史を学ぶことは、たいへんなことだとつくづく思います。広島・長崎へ投下された原爆の脅威について、知らないでは済まされない宿命を背負わされているのが、私たち日本人なのですから。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ