風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「木っ葉微塵」は間違いで「木っ端微塵」が正しい?


間違えやすい日本語」シリーズ、行ってみましょう。

「私の夢はこっぱみじんに吹き飛んでしまった」という時の「こっぱみじん」を漢字で書くと「木っ端微塵」が正しいのです。

ところが、「木っ葉微塵」と書いてしまいがちなのは、たくさんの木の葉が散らばる様子とイメージして使ってしまうのでしょう。

正しい「木っ端微塵」という言葉を大辞林は以下のように説明しています。

こっ ぱみじん -ぢん【木っ端微塵】
こなごなに砕けること。こなみじん。 「 -に砕ける」

木っ端」とは木の葉のことではなく、木の削りくずのこで、何の役にも立たないという意味。そこから転じて「取るに足りない、値打ちのない」とった意味に用いられるようになりました。

「木っ端微塵」も、木の葉のように散らばるという意味ではなく、役に立たないほど、細かく砕けているという意味なのです。

ですから「木っ端役人」「木っ端仕事」などの表現には、取るに足らない、役立たず……などの蔑みの意味が込められています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ