風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


首っ丈」について、大辞林は次のように解説しています。

くびったけ【首っ丈】(形動)

〔「くびたけ」の転〕異性に深く心を奪われ、夢中になっているさま。
「友人の妹に―だ」

首が伸びるほど人が好きになることから「首っ丈」というのでしょうか。だとしたら「丈(たけ)」という言葉が使われている理由がわからなくなりますよね。

実は「首っ丈」は「足もとから首までの長さ」を指します。そのことから、足もとから首まで、どっぷりとはまり込むほどに「愛している」「とても好きである」という意味になったのです。

その意味では、以下のデジタル大辞泉の説明の方が、わかりやすいでしょうね。

くびっ‐たけ【首っ丈/×頸っ丈】

[名・形動]《首の高さまで深くはまり込む意から》ある思いに深くとらわれること。特に、異性に心をひかれ夢中になること。また、そのさま。「彼女に―だ」

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ