風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「奇しくも」の正しい読み方は?


奇しくも」は「くしくも」と読むのが正しく、「きしくも」と読むのは間違い

「奇しくも」を大辞林は以下のように説明しています。

くしくも 【奇しくも】
( 副 )
〔形容詞「奇(く)し」の連用形「くしく」に助詞「も」が付いた語〕
起こった事態の偶然性を不思議に思うさま。偶然にも。 -一命をとりとめる」 「 -同時に発見する」

「奇」という漢字の読みは「き」であるため、「奇しくも」を「きしくも」と読んでしまいがちですが、それは間違いです。

 

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ