風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

山下耕作監督の映画「兄弟仁義」の完成度は半端ない。


どんなものかなぁと、不安と期待が入り混じった気持ちを抱きつつ、TBSオンデマンドで、映画「兄弟仁義」を見てみました。

この作品は、30歳くらいの時にビデオレンタル店で借りて見たのですが、ほとんど何も覚えていないのです。いわゆる任侠映画のパターンにはまった映画だな、くらいの記憶しかありません。

ところが、今回見直してみて、その完成度の高さに舌を巻きました。

もちろん任侠映画の定形ではあります。しかし、ワンシーン、ワンシーンが丁寧に作られていて、見応えは充分でした。

主題歌を歌った北島三郎松方弘樹が出演。鶴田浩二は友情出演となっておりますが、実質は主役級の存在感を見せています。

「走れメロス」に似た設定があったり、任侠映画でありながら、人間の描き方は文芸的でさえありました。クライマックスとラストシーンのカメラアングルも秀逸であり、単なるB級エンタメ作品を超越しています。

「兄弟仁義」は任侠映画の枠に閉じ込めない方が良いでしょうね。日本映画の古典として、この「兄弟仁義」は語り継がれるべきだと思ったほどです。

監督は、三島由紀夫が絶賛したと言われる、映画「博奕打ち 総長賭博」の山下耕作です。この映画監督の名前すら知らなかった私ですが、この「兄弟仁義」を見て、力量は確かなものがあると確信。続けて「博奕打ち 総長賭博」も鑑賞してみました。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ