風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


シリーズでお伝えしている「美しい言葉.com」の「ライティング講座」。今回のテーマは「手紙」です。

■すべての文章は手紙

以前「ビジネス文書は背広である」という言葉について書いたことがあります。女性の場合は背広とは言いませんから「背広」を「スーツ」と書き換えた方が良いでしょうね。

必要にして充分なことを確実に伝える、無駄のない文章が、ビジネスでは求められます。

そのために「ビジネス文書には形容詞は要らない」「胸ポケットのバラの花も要らない」と言われます。

かといって、ビジネス文書は、無味乾燥な事務的な定型文で良いのかというと、決してそうではありません。

ビジネス文書も手紙の一種だということを、忘れてはなりません。

ビジネス文書は、英語では以下のように表現されることがあるのを、ご存知でしょうか。

Business-getting letter
利益を得る手紙

Business-booming letter
繁栄を招く手紙

「手紙」という言葉を意識しますと、送り手側から受けて側に送る、メッセージ性が強いことに気づきます。

■「伝わる、伝わらない」の問題

文章で、よく「伝わる」とか「伝わらない」という言葉を使いますよね。

伝わる文章を書くためには、読んでくれる人、即ち「読者」を強く意識しなければいけません。

「誰に向かって書くか」、それをハッキリ意識しないと、自分の意志なり、気持ちは、なかなか伝わりません。

風花心伝」では、何を、誰に向かって、どのように書くか、
この「2W1H」を常に、意識して書いてほしいと述べました。

ほとんどの人は「誰に向かって(to whom)」の部分が弱いのです。

その弱点を修正するためにも、「すべての文章を手紙である」という言葉を、確認してほしいと思います。

手紙を書く時に、受け取り人のことを、意識しないで書く人はいませんよね。文章の原点は、自分の思いを相手に伝えることです。

手紙の名文を参考にしてください⇒世界一美しい手紙文は?

読者を明確にイメージして、その人にラブレターを送る、そんな気持ちで文章を書いてみてください。
あなたの文章が、激変するかもしれません。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ