風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

増村保造監督の「刺青」は谷崎文学を映画化した作品の最高峰?

今回ご紹介するのは、増村保造監督の映画刺青」。

文豪・谷崎潤一郎の傑作短編を映画化した作品である。

これを見て、増村監督の力量に感服した。

セリフ、構成、映像美、オリジナリティーなど、総合的に評価すると、それぞれレベルが高く、極めて高い点数をつけざるをえない。

あまり有名でもなく、語られることも少ない映画だが、これは紛れもない傑作だ。

映画「刺青」

1966年作。谷崎潤一郎の同名の原作を、「悪党」の新藤兼人が脚色、「清作の妻」の増村保造が監督した文芸もの。撮影は「悪名無敵」の宮川一夫。

増村保造監督のベスト5を挙げてみよう。

増村保造監督の映画ベスト5

「赤い天使」
「妻は告白する」
「刺青」
「黒の試走車」
「清作の妻」

いずれも類い稀な才能が感じられる。

他にも、「痴人の愛」・「音楽」・「陰獣」などには大胆な試みが見られ、思わず溜め息が出るほどだ。


しかしながら、僕は彼の作品はほぼ全作見ているが、思えば大傑作というものはない。彼の置かれた環境が、いわゆる小津・黒澤・溝口といった巨匠たちとまるで違っていたからだろう。

芸術作品としての映画を追求する立場には増村保造監督はなく、商業映画を速いペースで作り出さねばならなかったのだ。

話を戻そう。「刺青」は紛れもない傑作だ。「もし、彼に黒澤明なみ予算と時間を存分に与えたとしたら」、と考えざるを得ない。

とんでもない、大傑作になっていからもしれない。それとも……。

だがしかし、哀しいかな、増村の映画づくりの手法には、低予算で、工期を短くして売りに出すという感覚が、癖のように沁み込んでいる。

嘆くのはよそう。それでもなお、彼の映画には、視聴者を感動させる力が満ちている。様々な実験があり、特に、女の描き方には執念させ感じられる。

ともあれ、この映画もまた、原作とともに存分に楽しんでもらいたい逸品である。

これは大人が楽しむ作品だが、20~30代の人たちに見てもらいたい。郷愁だけで見る、懐かしの邦画といった類いの作品ではない。

なぜなら、増村監督の作風の特徴は、常に現代と格闘することにあったのだから。

私は映画の話になる度に、増村保造監督の映画について語ってきた。また若い人たちにもっと受けていい魅力があると言い続けてきた。

ただ、最近になって痛感するのは、増村保造監督の映画には現代に通じる「新しさ」があるとともに、「ひどく古臭いもの」がある、そのことだ。

たぶん、その「古さ」が、若い人たちの感性に合わないのではないだろうか。

増村の古さとは、ねちっこさ(執着心)、暗さ(うっくつ)、抑圧された性欲などだ。すべて、今的ではない。しかし、今という時代の閉塞感を破るには、増村保造監督ふうのパワーが必要なのではないだろうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。