風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

森光子がドラマ「天国の父ちゃんこんにちは」で朗読した詩


この詩をご存じでしょうか?

貧しいから

あなたに差し上げられるものといったら

やわらかな五月の若葉と

せいいっぱい愛する心だけです。

でも、結婚してくれますね。

TBSの日曜劇場で1966年から21回にわたって放送された「天国の父ちゃんこんにちは」というドラマの中で、毎回必ず読まれた詩です。

主演は今は亡き、森光子さん。YouTubeで見たら、森光子さんの余りの若さに驚きました。

上の詩は、森光子が演じる主人公が、亡き夫にプロポーズされた時の詩だという設定です。

このドラマと、この詩については、さまざまなブログが取り上げていますが、詩のフレーズが少しずつ違っています。当時は、ビデオのない時代でしたから、記憶によって、差異が生じているのでしょう。

その詩を正確に知りたい場合は、このドラマの原作となった手記、日比野都「天国の父ちゃんこんにちは」を読めばわかるのでしょうけれど、今は絶版になっているようです。

答えはYouTube動画にありました(現在は削除)。上の引用した詩が正解です。詩のタイトルは「五月の言葉」でした。

TBSチャンネルでは「天国の父ちゃんこんにちは」のデータが読めます。

それにしても、五月には口ずさみたくなる、温かな詩ですね。

何人かのブロガーさんが、この「五月の言葉」について感想を書いていらっしゃいますが、こういう情報を気軽に共有できるのも、ブログという自分メディアの大きな魅力だと言えそうです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ