風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

水の八徳(日本語の豊かさの証明1)


「水の八徳(はっとく)」という言葉をご存知でしょうか。

「八徳」を大辞林で調べますと、以下のように出てきます。

八徳(はっとく)

八種の徳。仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の八つ。

では「水の八徳」はといいますと、次のようになります。

水の八徳

一に清浄

二に清冷

三に甘美

四に軽軟

五に潤沢

六に安和

七に除悪

八に増益

実は、この「水の八徳」という言葉の出典がよくわかりません。私の愛読書である「吉川英治氏におそわったこと」に出てくる言葉なのです。

仏教の言葉である「八功徳水(はちくどくすい)」から来ているのでしょう。大辞林には以下のように記されています。

 八功徳水(はちくどくすい)
〔仏〕〔「はっくどくすい」とも〕浄土や須弥山の七内海中の水。〔八功徳は、良い水の一般的特質を八つにまとめたもの〕

また、世界宗教用語辞典によれば、以下のような解説があります。

はっくどくすい 【八功徳水】

仏教でいう八つの優れた特質を持つ水で、極楽の池や須弥山の周りの七内海に満たされているとする。1甘(甘い)、2冷(冷たい)、3(やわらかい)、4軽(軽い)、5清浄(清い)、6無臭(くさくない)、7飲時不損喉(のどを痛めない)、8飲已不傷腹(飲み已って腹を痛めない)などの八つだが、別説もある。

まあ、この言葉にある深い意味はともかくとして、私が驚いたのは、水というものを、実に豊かに表現していることです。水に関する説明なり、解説なりで、これほど味のある表現は読んだことがありません。

と同時に、日本語の豊かさに、おもわず、ため息がもれそうになってしまいました。

「酒の八徳」という言葉もありますよ。こちらも、実に豊かです。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ