風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

求めていよう(風花未来の詩1)


詩を作ることが日常だったことが、かつてありました。それは遠い過去となりましたが、詩想が湧くことはあり、それをスルーすることなく、素直に書きとめてゆけたらと思っています。

そのような無理をしないスタンスで書いた、一作目が今回の詩です。

求めていよう

求めていなければ、とふと思った。

求めていなければ、
二十歳の頃、あの駅のホームから見上げた、
薄紫の空の滲みに、心がうるみはしなかったのではないか。
求めていたからこそ、
病に倒れていた時、
一輪の花に見つめられていると気づいたのだろう。

求めても、求めても、
オリンピックで金メダルはとれないだろうけれど、
巨万の富は得られないだろうけれど、
愛した人に自分の愛を受け止めれもらえないかもしれないけれど、
求めていれば、
求めていて、その上で、
何らかの行いをしていれば、
この世のすべてに、無視されたりはしない、
とは言い切れる気がする。

まえぶれもなく、空は淡い光を放ち、
温かい色に染まってくれるだろう。
未来が感じられる懐かしい歌が、
聞こえてくる気がしてならない。
帽子が飛びそうなほどの透き通った風が、
いつか、きっと吹いてくるに違いない。

だから、求めていよう。
そして、派手なことでなくても、
何かしら確かないとなみを続けていよう。
すぐに大きな変化が見えてこなくても、
なごやかな気持ちで、
静かに今を呼吸していよう。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ