風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

なでしこジャパンはバルセロナ風サッカーで優勝する?

なでしこジャパンが、スペインのFCバルセロナを想わせるパスワークでスウェーデンを翻弄。

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は13日(日本時間14日)、当地で準決勝があり、6大会連続出場で初めて4強入りした日本(なでしこジャパン)がスウェーデンに3-1で快勝。W杯、五輪を通じ、世界大会で初のメダル獲得が確定しました。

立ち上がりは体が重そうで、いきなりミスから失点したので心配しましたが、早い時間に1返したことで落ち着きましたね。後は、安心して見ていられる展開に。

今大会は初出場の川澄奈穂美(なほみ)が2得点をあげたことも、大きかったですね。ラッキーガールの登場で、さらに決勝が楽しみになりました。

なでしこジャパンの華麗なショートパスサッカーが、改めて世界から絶賛されているようです。準決勝も、常に高いポゼッション(ボール支配率)を保ちながら、スウェーデンに完勝しましたね。

FCバルセロナ風ともいわれ、評価と人気が急上昇のなでしこジャパン。確かに、パスが通るサッカーは見ていて面白い。しかも、ただパスを回しているのではなく、ゴールに向かう姿勢が旺盛です。体を寄せられたり、複数の相手に寄せられても慌てず、壁パスで、中盤を突破する姿は快感。またフィニッシュへと向かうパスは速く、このスピードの切りかえが、ゴールの予感をとともに、見る者を興奮させます。

しかし、このスペクタクルなサッカーを実現するためには、技術だけでなく、中盤の激しいプレスが必要なため、走力を含めた相当な体力が必要。しかも、技術が中途半端ですと、パスミスをカットされた場合、簡単に失点してしまうというリスクも大きい。

それなのに、女子サッカー日本代表のショートパスサッカーは、かなり良い線を行っているのではないでしょうか。確かな主張があって、美しくて、快感。そして、強いのです。

まあ、技術面をあることながら、物おじしない、思い切りの良いプレーが、心地良い。そして、選手たちの表情が明るいので、見ているだけで元気になれます。

決勝戦は世界ランキング1位のアメリカが相手。ひるむことなく、存分に、なでしこジャパンらしさを輝かせてほしいものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ