風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

猶本光(なおもとひかる)の「首振り」に、なでしこジャパンの未来が見えた。


ヤングなでしこ」ことU-20女子日本代表の人気がすごいみたいですね。昨日(2012年8月19日)、W杯の第1戦、メキシコ戦をテレビで見ました。

人気や話題が先行しているという説があるらしいですが、とんでもない、実力もしっかりありました。

メキシコに4対0で快勝したのも立派ですが、個々に光るプレーが続出。選手一人ひとりも、無限の可能性を感じさせ、久しぶりにワクワクしました。ロンドン五輪よりも、個人的には興味深かったです。

これからは、なでしこジャパンだけでなく、「ヤングなでしこ」からも目が離せませんね。

あまりにも、期待できる選手が多すぎるので、今後はシリーズで一人ずつご紹介することに。その第1回目は、ヤングなでしこの美しき司令塔(ボランチ)、猶本光なおもとひかる)です。

猶本光プロフィール

◆生まれ 1994年(平6)3月3日、福岡県。157センチ、50キロ。A型。家族は両親と兄と妹。

◆サッカー歴 のぞみが丘小1年時に兄の影響で、小郡東野少年SCで始める。FCリエートを経て、福岡女学院中に入学後、福岡J・アンクラス入り。下部組織のサテライトとトップチームの二重登録を経て、完全昇格。筑波大へ進学し、今季から浦和レッズレディースへ移籍。

◆好きなもの 食べ物はお好み焼き(チーズ入り)、納豆。

◆過去の習い事 水泳、ピアノ、書道、英会話。(引用元: nikkansports.com)

昨日、初めてじっくりと、 猶本光(なおもとひかる)を見ました。2chでは「すごカワ」「長澤まさみ似」と騒がれているしいのですが、それもあながち誇張ではないと思えるほど、さわやかな笑顔が印象的でした。

猶本光のプレーで一度見たら忘れられないのが「首振り」です。ボールをもらう前に必ず、首を大きく振って、周囲の状況を確認する。だから、ボールを受けた時に、素早く反転し、前方にパスを出せるのです。ただし、この「首振り」は、よほどボールコントロールに自信があり、ルックアッププレー(ボールを見ないでプレーすること)がふつうにできないと、ボールを失ってしまいかねません。

この「首ふり」という言葉は、ヒデこと中田英寿のプレーから、一般的に使われるようになりました。世界的なプレイヤーでは、バルセロナイニエスタも「首振り」がすごい。

猶本光も、本当によく首を振るプレイヤー。ボールを受けてパスを出すまでの動作に無駄がなく、パスも美しい軌道を描いて正確にみかた選手につながってゆく。ポスト澤穂希と期待されるのも素直にうなずけます。

ヤングなでしこは、猶本光のプレーを見ているだけでも、かなり満足できるほど。メキシコ戦では、ビューティフルゴールを決め、美貌だけが売りの選手でないことを証明してくれました。

欠点は、フィジカルが弱いことぐらいでしょうか。それも、これからの実戦とトレーニングの積み重ねで克服してくれると信じています。

猶本光なおもとひかる)の華麗なプレーに、なでしこジャパンの明るい未来が見えました。怪我にだけは気を付けて、順調に伸びて行ってほしい逸材です。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ