風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉


今回のタイトルは「音は光、言葉は星」です。

そんな言葉は聞いたことがないかと思います。なぜなら、私が創った表現だから(苦笑)。

アイフォンを買ったのですが、疲れた時に、横になって音楽を聴く時だけに使っています。

先日、電気を消して、枕元にアイフォンを置き、バロック音楽の名曲をかけていました。 その時、奇妙なことが起きたのです。

真っ暗闇の底で聴いていると、光が見えました。

最初は蛍の光のように小さかった瞬きが、次々に増えてゆく。

しばらくすると、光の河のようになって、闇の中に流れ始めていたのです。

身動きもせずに、じっとその神秘的な河を見つめていると、その光が何であるかがわかりました。

音が光となって流れているのです。

もっと正確に表現するならば、音に反応した、私の感覚というか、心が、光って、河になっているのですね。

それはいつしか、星雲のような大河になっていました。

実に不思議なんですが……本当にこんなことが起きたのでした。

疲労のために見た、夢か幻覚だと考えたのですが、そうではなかったので、この記事を書いている次第です。

思うに、いかに日常生活では、使っていない感覚が多いことか。

心や魂は、本来は、もっともっと反応したいことがあるのに、現実社会では、そういう尊いものには滅多に出逢えない。

その夜は、私の心は大歓びで、音楽に反応していたのです。

そう、心は確かに歓んでおりました。

心の相当に深い層が、音楽に反応して、光を発したと推測されます。

心理学はかなり勉強したはずですが、今回の経験について学術的な解説は、今の私にはできそうもありません。

最近、真剣に考えていることがあります。

それは「言葉について」です。

言葉はなかなか他人には伝わらないということは、言葉による表現に苦心したことがある人ならば、痛感しているはず。

では、どうしたら、他人に自分の思いを伝えられるのでしょうか?

そのためにしなければいけないこと、それが、風花未来が追求する主テーマとなっています。

闇の底から、光の河を見たことで、私は「言葉は星のようなもの」かもしれないと感じました。

どんな巧みな美的表現も、人の心に届かないことがあります。

それはどうしてかというと、言葉を受け取る側が、星を見ていない(星が見えていない)時があるからです。

星は自らの力で光っているわけではなく、見る人の心の光を受けて、初めて輝くものではないでしょうか。

どうしても送り届けたい大切な思いは、アイフォンのメールなどでは、私にはとうてい伝えられそうにありません。

言葉を天空に浮かぶ星のように絶対化すること。

そして、いつか、その星を誰かが自らの心の光で輝かせてくれるのを、そっと待つしかないのかもしれません。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ