風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

ロバート・デニーロ主演「ミッドナイト・ラン」と「恋におちて」を見た感想

ロバート・デニーロという俳優は個人的にそれほど好きではなかったのです。名優だということは認めるけれども、好みではないというか……。

それが、去年の暮れから今年にかけて、ロバート・デニーロが主演した映画を2作鑑賞して「これが本当に凄い役者なんだ」と思い至ってのです。

はじめに見たのが「恋におちて」。監督はウール・グロスバード。

メリル・ストリープとロバート・デニーロが出逢い、惹かれあってゆく過程が、わかりやすく、微細に描かれていて、すぐに感情移入できました。

ロバート・デニーロの自らの心理を表現する技術の高さに舌を巻きました。本当に「恋する中年」になり気っていましたよ。

中年同士にも、純愛はありうるのだということを、鮮やかに演じてみせてくれている。純朴とも感じられる、こういう恋愛の形もあるのだと、映画の魅力をしみじみと味わえました。

次は「ミッドナイト・ラン」。監督はマーティン・ブレスト。

ドタバタ・アクションですが、内容は濃密です。バディ(相棒)ものと言われるジャンル。

2人がいろんな状況をくぐりぬけながら、最後は意外な結末をむかえるという心理劇なのですね。葛藤劇とも言えます。

ロバート・デニーロの表情があまりにも豊か過ぎる。変化に富み、人間の顔の表情はこれほどバリエーションがあるのか、と驚かされるほどです。

先を読ませない展開も素晴らしい。シナリオが練られていて、途中、中だるみする時が一瞬たりともありませんでした。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

アーカイブ