風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「されてください」は敬語として文法的に間違っている?という記事を、以前に書いたことがあります。そこでも述べたのですが、本当に敬語は難しいところがあります。

敬語の正しい使い方を身につけるには、大別すると、2つの方法があるのです。

1)敬語を外国語だと思って、使用頻度の高い敬語を丸暗記する。

2)敬語の種類や用法など、文法的知識を基礎から学ぶ。

今日お伝えするのは、2番目の方法です。

例えば「される」と「なさる」の違いを、文法的に説明できるでしょうか。

「される」も「なさる」も、「する」の尊敬語です。ただし、敬意の度合いが違います。「なさる」の方が「される」よりも、敬意は高いのです。

「される」は、以下のように使います。

吉田さんは、言葉をたいへん大事にされているそうですね。

「なさる」は、以下のように使います。

お父様は、ゴルフをなさるそうですね。

「される」を使い時の注意点は、受け身と同じ形になるので、混同しやすい状況では、他の言い回しに変えた方が賢明です。


区別がしづらいのは、以下のような場合。

鈴木さんは、不動産について相談をされました。

上の文ですと、鈴木さんは、相談をしたのか、されたのか、わかりませんよね。

意味を正確に伝えるためには、以下のように書き換える必要があります。

鈴木さんは、不動産について相談をなさいました。

一方、「なさる」を使う時の注意点は、命令形の「なさい」には、敬意を含まれませんから、目上の人には使えないことを忘れないでください。

例えば、以下の言い回しは、同じ「なさい」でも、上は敬語ですが、下は敬語にはなっていません。

バニラとストロベリー、どちらになさいますか。

たまには、料理くらい自分でなさい

ただし、連用形の「なさい」に丁寧語の「ませ」をつけた「なさいませ」は、例えば「お休みなさいませ」というふうに、目上の人にも使うことができます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。