風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

七十歳の自分をイメージできますか?


孔子は「不惑」といって、四十歳で心の迷いがなくなったと語ったそうですが、いかがでしょうか。年を重ねるにつれて、悩みが深くなってゆく、という人も多いかもしれませんね。

私の愛読書である扇谷正造の「吉川英治におそわったこと」に、年齢に関する興味深い記述がありましたので、ご紹介します。

「四十ニシテ迷ワズ」ではなく、「四十ニシテ初メテ惑ウ」というのです。

四十初惑(四十ニシテ初メテ惑イ)

五十立志(五十ニシテ志ヲ立テ)

六十精励(六十ニシテ事ニ励ミ)

七十成就(七十ニシテ事ヲ成シトゲル)

いかがでしょうか? 高齢化が進む現代ですが、上のように考えると、元気が出てきますよね。

急に芸能人の話で申し訳ないですが、加山雄三は今年で、77歳だそうです。「若大将のゆうゆう散歩」というテレビ番組をときどき見るのですが、かなり若いですよね。背筋がピンと伸びていて、歩き方も、さっそうとしています。老人のわびしさなど、加山雄三には無縁のようです。

まあ、加山雄三のような77歳になりたい、とも思いませんが、もっとも頑張るのは60代で、70歳で、事を成し遂げれば上出来だと考えれば、気持ちはラクになりませんか。

70歳の自分をイメージするのは難しいのですが、今よりも、無理なく、自然な形で歩めていたらと思います。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ