風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

山田太一脚本「車輪の一歩」の感想


山田太一脚本ドラマを続けて2本見ました。「車輪の一歩」と「チロルの挽歌」です。今日は「車輪の一歩」について、お伝えします。

「車輪の一歩」は、長いシリーズ「男たちの旅路」第4部の第3話。「男たちの旅路」の最終回。NHKで放送されたのは、1979年11月24日ですから、かなり古いドラマです。

鶴田浩二主演 男たちの旅路 第4部 DVD-BOX 全2枚セット

シリーズドラマの一話というより、独立した映画作品のような迫力を覚えました。

「車輪の一歩」の「車輪」は「車椅子」の「車輪」を指しています。

「車椅子」を使って生活している人たちが、「車輪の一歩」には多数登場し、この作品の主人公となっています。

シリーズの主役である鶴田浩二さえも脇役まわり、車椅子で生活する人たちの心理を浮き彫りにする役割に徹しているのですね。

ずいぶんたくさんの山田太一ドラマを見てきましたが、その中でも「車輪の一歩」は屈指の名作であると感じました。

山田太一の視線の角度と深度

名作という意味は、以下のとおりです。

ドラマの質の高さはどこで測られるのか? 私は脚本家の視点がキーポイントであると思っています。

山田太一の視線はいつにも増して鋭い。時には、視聴者の臓腑をえぐる、それくらいに、登場人物の心理をあぶりだす。

このドラマを見る者は、山田太一のテーマを見る視点の角度がかわるごとに、新しい発見ができます。、

また、山田太一がテーマへの踏み込みがあまりにも深いため、思わず唸り声を上げてしまうのです。

脚本家のテーマを見る視線の角度と深度によって、ドラマの価値は決まる、と「車輪の一歩」を見て痛感しました。

テーマ音楽と役者の演技の質

テーマ音楽が良いです。癒されます。英語なので、ベタな感じがしません。山田太一の楽曲選曲は時に首をかしげることがありますが「車輪の一歩」は大当たりですね。

そのテーマ音楽はこちらでラストシーンとともに聞けます⇒男たちの旅路 車輪の一歩 ラストシーン 山田太一脚本 1979年

キャストの豪華さにも驚かされます。そして、何という演技力でしょうか。オープニングとラストシーンに出てくる登場人物たちの表情の違い、そこにドラマづくりの原点があるように感じられました。

長いシリーズの最終回に「車輪の一歩」を持ってきたところに、山田太一の意図が見える気がしたのは私だけでしょうか。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ