風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

映画「深呼吸の必要」の感想

深呼吸の必要」は、2004年に製作された日本映画です。監督は篠原哲雄。主な出演者は、香里奈谷原章介成宮寛貴長澤まさみ

舞台は沖縄のサトウキビ畑。サトウキビ畑に、期日までにサトウキビの収穫を終わらせるため、若者たちがアルバイト「キビ刈隊」として集められるという設定です。

この映画の存在は前から知っていましたが、映画のタイトルと設定を知れば、もう内容が透けて見えるような気がして、これまで未見だったのです。

ところが、実際に見てみると、最初は「ふむふむ」という感じで、さほど集中していなかったのですが、時間が進むにつれて、次第にフィルムの中に吸い寄せられてゆきました。

私は山梨でしたが、農作業のアルバイトを住み込みでしたことがあり、その頃を想い出したので、映画にのめり込めたのでしょうか。

どうやら、そういうことではないらしい。

役者さんたちは、今もテレビドラマに出演している人気者ぞろいです。どうしてキャストが豪華なのかというと、日本航空が沖縄キャンペーンを展開しためらしいです。

しかし、映画のテイストは単館系のそれを想わせ、最後まで純度を保ったまま映画は終わります。あざとい商業色に汚染されてはいませんでした。

予想していたのとほぼ同じストーリー展開であったにもかかわらず、予想をはるかに超えて楽しむことができました。かなり前ですが、ビデオレンタル店に必ずあった「邦画あなどりがたし」というコーナーを想い出しました。

「深呼吸の必要」のクオリティが邦画の基本水準というぐらいになれば、日本映画を見限る人はいなくなるのではないでしょうか。

それはともかく、この映画のタイトルどおり、今の私は深呼吸が必要です。「深呼吸の必要」は、長田弘という現代詩人の詩集「深呼吸の必要」からとったとか。

この機会に、長田弘の詩集も読んでみようと思っています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ