風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

ディズニー長編アニメ「白雪姫」を見た感想


ディズニーの長編アニメ映画「白雪姫」を見ました。

白雪姫 [DVD]

先日「塔の上のラプンツェル」を見たばかりなのですが、今回の「白雪姫」はひどく古めかしい感じがすると思ったら、何と1937年の映画でした。

世界で初の長編アニメーション映画だそうで、古いのは当たり前なわけですよね。

特に、白雪姫の絵が古い。おそろしいまでに、クラッシック(笑)。

 

で、映画自体の出来栄えですが、やはり、古典であることを、大幅に差し引かなければ、つらい部分はありますよ。

しかし、全体として評価するならば、秀作であることは間違いありません。

ストーリー展開が、いまいち滑らかでないのが難ですが、音楽の良さ、動物たちの動きの精細さは、本当に素晴らしい。

 

非常に興味深く見たのは、特典映像に入っていた「メイキング・オブ・白雪姫」です。

そこでは、ウォルト・ディズニーの言葉が紹介されています。以下、引用してみますね。

「白雪姫」成功の理由を尋ねられたウォルトは、こう答えました。

私たちは信じている。

人は誰も子供だったんだ。

私たちの映画の対象は大人でも子供でもない。

誰の心にもある汚れのない部分、

そこに訴えかけたいんだ。

確かに、もう子供とは絶対に言えない年齢の私でも、充分に感動できました。作品の純度が極めて高い。まさに、その点において、永遠不滅の輝きを持つ作品だと言えます。

 

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ