風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「舌鼓」の正しい読み方は「したつづみ」か、それとも「したづつみ」?

日本語の中には実に多くの「間違いやすい言葉」「ややこしい言葉」があります。

今回ご紹介する「舌鼓」も、どのように読んでも、読み間違えているのではないかと思ってしまうほどです。

正解は「したつづみ」なのか。それとも「したづつみ」なのか。

結論から申しますと、今現在では「したづづみ」も「したつづみ」も、両方とも間違いではないとされています。つまり、普通にどちら読みも、許容されているのが現状です。

では、申し少し、詳しく解説してみましょう。

「舌鼓」は、しばしば「舌鼓を打つ」というふうに使われます。

「舌鼓を打つ」とは、食べ物がおいしいので、思わず舌を鳴らす様をあらわしている言葉。「長い出張から帰り、愛妻の手料理に思わず舌鼓を打った」というように使われます。

「鼓」は、中央部のくびれた同の両端に革が張られていて、それを手で打ち鳴らす楽器。もちろん、「鼓」は「つづみ」と読むのが正しいのです。

「舌鼓」も舌を鼓のように打ち鳴らす様子をあらわす語なのですから、本来は「したつづみ」以外の読み方はありません。

しかし、「したづつみ」と言う(読む)人があまりにも多いので、現在では「したづつみ」も辞書に載るなど、社会的に認知されています。言語としては正しくない(本来は誤読とするべきだ)けれども、慣用的な読み方として認められているということです。

ふと思うのですが、どうして「したつづみ」を「したづつみ」と言う(読む)人が多いのでしょうか? 

やはり、「したづつみ」の方が言いやすいからでしょうね。「鼓」という漢字を見せられたら「つづみ」と読む人が多いだろうけれど、口でしゃべる時には漢字は思いつかべないので、言いやすい「したづつみ」の方に多くの人が流れて行ったのだと推測できます。

「舌鼓」と同じ「鼓」を使った語に「腹鼓」があります。「腹鼓」の読みも、かつては「はらつづみ」のみが認められていましたが、現在は同じように「はらづつみ」も許容されているのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ