風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

サッカーが面白くなくなっている件について


サッカーは子供の頃から大好きで、日本代表の試合は欠かさずテレビ観戦してきました。しかし、最近、サッカーが面白くなくなってきて困っています。

先日、19歳以下の日本代表が3大会連続で本大会への出場権を得られえませんでした。

逆に、フル代表の方は、ハラハラすることもなく、予選を戦っていて、盛り上がりに欠けます。

あれほど感情移入できたフィギュアスケートも見る気がなくなっているし……。

ふと思ったのですが、もう、スポーツ観戦はやめようかなと。時代がどんどん窮迫してきて、それだけに娯楽となるのは、スポーツが主体となるのは当然の流れかもしれません。

企業がマスコミと結託して消費をあおり続けるけれど、今の時点で、もう、マスコミの仕掛けに乗っからないことを考えた方が良いと思うのです。

私はもともとミーハーだから、これまで、テレビ、雑誌、新聞、単行本などに、乗せられっぱなしできたけれど、さすがにもう、うんざりしてきました。

これだけ、商業主義が浸透しまくると、採算どがえしの試みとか、金銭を目当てではない崇高な志が息づいた作品みたいなものが出てきません。

目先の利益を追うものではない、深くて、気高いものを享受するからこそ、明日への勇気がわいてくるのですが、これだけ目先の利益だけを求め、人は使い捨て、物は買い替えばかりを推奨し、そういう流れから、離れてしまわないと、もう本当にダメなような気がしてきたのです。

消費する時代から、語り継ぐ時代へ。

愚痴とかはこぼしている時間ももったいない。だから、自分で意識的に、マスコミを遮断して、一過性の消費で終わるものではない、繰り返し味わえる、人の糧となるものにだけ接し、できればそういう良質なものを生み出してゆきたいのです。

サッカーの話でしたね(苦笑)。サッカーがいけないわけではなくて、スポーツへの熱狂が、結果として「すり替え」というワナにはまっているだけだとしたら、もう、スポーツに対し、警戒心を持つのも良いことでしょうね。

スポーツ観戦でストレス解消では、情けない気がしてきました。以前は、スポーツから勇気をもらっていると感じていたはずなのに。スポーツは自分で体を動かし、体力づくりをしたり、精神的にリフレッシュする方が、健康的だと思い始めている自分がここにいる(苦笑)。

何でも、のめり込みやすい性格だけに、もともとスポーツが大好きなだけに、スポーツ観戦を自粛しようと、真剣に考え始めているのであります。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ