風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「涼しげなまなざし」という美しい日本語は死語となる?


「美しい言葉」「美しい日本語」について語ろうとする時、いつも思うのは、言葉は時代とともに変わる、そして、人とともに変わることです。

言葉は人間が生み出し、人間が使うもの。人と切り離して、言葉は語れないのです。

死語」とは、人の生活や価値観が変わりすぎて、使われなくなった言葉のこと。死語となる危機に瀕している日本語に「涼しげなまなざし」があります。「涼しげ」と「眼差し」は使われていますが、「涼しげなまなざし」という言葉は、ほとんど聞かれなくなっています。

「涼しげなまなざし」と表現するから、美しい表現として際立つと感じるのは私だけでしょうか。

「目は心の窓」という言葉がありますが、日本人の心が完全に汚染され、澄んだ心持ちが失われてしまえば「美しいまなざし」「清らかな瞳」「凛としたまなざし」「濁りのないまなこ」などの日本語は「死語」となってしまうかもしれません。

遠い昔ではありますが、私は「涼しげなまなざし」をした人に逢ったことがあります。はるか遠い記憶であるにもかかわらず、その美しすぎる曇りなき瞳の色は、なぜか鮮明に思い出すことができます。

涼しげなまなざしをした人がいるだけでも尊いのです。瞳のきれいな人とすれ違っただけで、心が清められ、どれほど気持ちが沈みこんでいても、パッと視界が明るくなる……そんな経験をまたしてみたいと思うのですが、かなうでしょうか。

澄んだ目をした人が少なくなったというよりも、目の濁りが気になる人が増えている気がします。瞳が暗すぎるので、濁っているというより、目に光がないといった方が適切かもしれません。

美という言葉は乱用されていますが、美こそは心の反映です。時代がさらに、ささくれだってゆけば「涼しげなまなざし」という美しい日本語の風景は、過去の記憶の中でしか生きてゆけなくなるでしょう。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ