風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

TAG美しい日本語の作品

日本一美しい短編小説は?

日本の短編小説には美しい佳作が多いと思います。その中で、一番を決めるのは難しいので、今回は10作をあげてみました。 1)島木健作「赤蛙」⇒第一義の道・赤蛙 (講談社文芸文庫) 2)戸川幸夫「爪王」⇒高安犬物語/爪王 (地球人ライブラ…

アーカイブ