風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

TAG言響プロジェクト

言葉に深く関わろうとした理由

風花未来は、2011年6月15日から「言響(こだま)プロジェクト」を開始しました。 当初の「言響プロジェクト」は、言葉の力を再発見し、言葉の底力を活かす文章の書き方を学んでゆく試みでした。 現在は「風花言響」として生まれかわりま…

美しい日本語ベスト10

ふと、日本語の中で、一番美しい言葉は何だろう?と思いました。 さて、答えは……少し、悩みますね。 デジタル大辞泉によると、「言葉」の意味を次のように解説しています。 こと‐ば 【言葉/▽詞/▽辞】 1 人が声に出して言っ…

「体言止め」の長所・短所

体言とは名詞や代名詞などのこと。この体言で文を終えることを「体言止め」と呼びます。 文章の出来不出来を、プロとアマとで比較しますと、もっとも顕著にあらわれるのが、文章のリズムです。文章を心地よいリズムで書くには、語尾の変化が重要。語尾…

ら抜き表現(言葉)と可能動詞

「出れる」「見れる」「食べれる」といった、いわゆる「ら抜き表現(言葉)」は、公性を重んじる企業サイトや公式サイトなどはもちろん、やはり、個人メディアであるブログにおいても、使わない方が良いでしょう。 妙にくだけた感じになるだけでなく、…

「慟哭(どうこく)」という魂の日本語

2011年、あの大震災があった年。私は3回の手術をして、死にかけました。病気そのものは重篤ではないのですが、大量出血で2度も失神してしまったのです。 退院してから、驚いたのは、自分の感覚が異様になってしまったこと。ある曲を聴くと、涙が…

デットマール・クラマーさんの名言とエピソード

「本当の優しさって、何だろう」と、1年のうち、何度か自問自答します。 そうした時に、必ず想い浮かぶ人物がいます。 それは、デッドマール・クラマーさんです。 デットマール・クラマーは「日本サッカーの父」 彼は東京オリンピックに…

テレビを捨てて、言葉だけの世界に没入します。

先日、山田太一の名作「岸辺のアルバム」についての感想を少しだけ書きました。 山田太一「岸辺のアルバム」についての感想 「岸辺のアルバム」はテレビ文化が生んだ最高峰の作品の一つだと思います。ということは、テレビドラマは、「岸辺のア…

山のあなたの空遠く 幸い住むとひとのいう

何かが、遠くで揺らめいています。 最近、一つの想いが日増しに強くなっていて、切ないような哀しいような気分になり、こうしてキーボードを打っている次第です。文章にすれば、その想いは、少しは和らぐのか、それは全く予想がつきません。 か…

間違いやすい漢字を正確に使い分ける

漢字の使い方を間違えますと、せっかく苦労して書いた文章の価値も、一気に下がってしまいますので気をつけたいものです。 今回は、使い方を間違えやすい漢字をあげ、正しい用法を解説いたします。 おじさんとか、おばんさんとか言いますが、こ…

ボールは丸い【ゼップ・ヘルベルガーの名言】

今回、取り上げる名言は、これです。 ボールは丸い。 「ボールは丸い」は、サッカーが好きな人ならば、必ず聞いたことがある言葉ですよね。  もちろん、私も知っていましたが、実は、サッカーの神様と呼ばれたペレの言葉だと思っていました。ジ…

さらに記事を表示する

カテゴリー

アーカイブ