風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

TAG文章力

読み継ぎたい美しい日本語で書かれた中編小説

美しい日本の短編小説を選ぼうとして、かなり苦労しました⇒日本一美しい短編小説は? 「苦労」の意味は、選出したい作品が極めて少ないからです。それだけ、小説を短く書くのは難しいということでしょう。 一方、中編小説ですと、たくさんの作…

「快感」「共感」「感動」、3つの「感」が人気ブログの条件

■Web文章は感覚的に読まれる運命なのです。 ブログなど、インターネット上に公開されている文章は、熟読はされません。 たいていの人は読み流す程度です。 考えながら読む人は、ほとんどいません。 では、Web文書を読む人は、…

伝わるWeb文章が書けるようになる必読書のまとめ

Web文章とはホームページ、ブログ、メルマガ、Facebookなど、インターネット上で公開される文章のことです。ネット文章と呼んだりもします。 Web文章は、新聞、雑誌、書籍などに掲載される文章とは、異なる点が多く、そうしたポイントを…

ドラマチックであること(ブログ記事の条件)

前回「トップブロガーの記事に求められる条件」の1つとして「一本の矢であること」をあげました。今回は「トップブロガーの記事に求められる条件」の2つ目について、考えてみます。 書き出しから、ラストの結びまで、平板で、何の盛り上がりもない記…

文章力アップは「書き言葉」に親しむことから

文章を書くことに対して、コンプレックスや苦手意識を持っている人が多いようです。 でも、怖れることはありません。文章は誰でも、練習さえすれば、必ずうまくなります。 作家になるとか、詩人になるとかは別問題ですが、一定水準までは、必ず…

吉川英治が百科事典を50回読んだという話

今回のテーマは「読書の質と量」です。 ■百科事典を50回読んだという話 小説「宮本武蔵」「新・平家物語」などで有名な作家の吉川英治は、百科事典を50回読んだそうです。 しかも、作家になってからではなく、二十歳前後で東京に出てきて、…

ブックレビュー(書評)の書き方

読んだ本について書く場合、いろんなスタンスがあります。 「感想」「書評」「ブックレビュー」、この3つの書き方は、それぞれ違うのです。 【感想】 「感想」は、自分が読んだ本について、忘れないためのメモという性質があり、感想を書くこと…

ブログ文章術 7つのやってはいけないこと

ブログなど自分メディアの記事は、表現の自由を謳歌すべきです。しかし、自由とはいいつつも、確実に「やってはいけないこと」はあります。 以下、ブログ文章術において「やってはいけないこと」をまとめてみます。 『ブログ文章術 7つのやっ…

文章の書き方 初心者向け究極のアドバイス

文章はどのようにしたら上手く書けるようになりますか?という初心者の方から質問を受けた時、すぐに想い出すことがあります。 それはある著名な作家の弟子へのアドバイスです。 しゃべるように書いてごらん。そして筆がすべりすぎたら、少し休みな…

Web文章のリズム(呼吸)

今回のテーマは「Web文章のリズム(呼吸)」についてです。 フランスの詩人、ポール・ヴァレリーが「散文は歩行であり、詩は舞踏である」と言ったことは有名です。 では、ブログの文体は? 歩行? それとも、舞踏? 答えは、…

さらに記事を表示する

カテゴリー

アーカイブ