風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

「他言無用」の正しい読みは「たげんむよう」「たごんむよう」のどちら?


他言」とは、他人に話すこと。「他言無用他人に話してはならない)」というふうに使います。

では、この「他言無用」の正しい読み方は?

正解は「たごんむよう」です。

たげん」という言葉もありますが、これは「多言」と書き、「口数が多い、饒舌である」という意味になります。

おさらいしますが、以下の読み方と意味が正解です。

他言(たごん)他人に話す。

多言(たげん)口数が多い。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2015年 7月 17日

    確かに間違えやすいようだね。。。

    • 匿名
    • 2015年 9月 03日

    おさらいしますが~で、たげんの漢字が他言になっていますよ!

      • ことのは
      • 2015年 9月 06日

      ご指摘、ありがとうございます。修正いたしました。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ