風花未来が、優れた詩や偉人の名言など、言葉(日本語)の力を再発見。「Web文章の書き方(ライティング)講座」を連載中。

menu

美しい言葉

アーノルド・シュワルツェネッガー主演「ターミネーター」の感想


心理劇テイストの映画が続きましたので、
今回は近未来SFアクションの古典的名作です。

この「ターミネーター」は、
ジェームズ・キャメロン監督の出世作であり、
主役のアーノルド・シュワルツネッガーも、この映画から、
アクション大スターへの階段を駆け上ってゆくことに。

ターミネーター

1984年公開
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトンなど。

シュワルツェネッガーを不動の地位に押し上げたSFアクション。機械軍と人間の戦いに終止符を打つため、機械軍は人間のリーダーを抹殺すべく殺人マシンを現代に送り込む(引用元:「キネマ旬報社」データベース)。

DVD情報⇒ターミネーター [DVD]

「ターミネーター」はシリーズ化され、現在は5まで公開されています。

「ターミネーター2」も、非常に面白かった記憶があります。
しかし、3は極端につまらなくなっていました。

チェックしたところ、監督が3からジェームズ・キャメロン監督ではなくなっていることに気づき、
なるほどという感じです。

監督がかわると、ここまで映画のテイストが変わってしまうものなのか…怖いものですねえ。

テイストだけでなく、根本的なところが変化している気がします。

「ターミネーター2」までは、SFアクションといいつつも、人間劇になっています。
アクション映画にしては、人間の描き方が、実に克明なわけです。

ところが、3になると、いきなりCGアクションだけの映画になってしまった。

CG技術は進歩しているし、スピード感も、3の方があります。
しかし、人間臭さ、生臭さがなくなってしまって、
リアリティというか、皮膚感覚に訴える力が消滅してしまったのです。

しかし、この「ターミネーター」は、
シナリオの骨格もしかりしているし、
セリフもよく、
エンタメを超越したような気品さえ感じさせてくれるのです。

何度でも鑑賞に耐えうる、稀有なSFアクション映画だと言えます。

そして、これほど解説不要の映画もないでしょうね(笑)。

美しい日本語で書かれた作品をまとめました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「美しい言葉.com」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

アーカイブ